業界ニュース

ダブルシステムコンピュータ横編機のメンテナンス方法

2022-08-06

デュアルシステムのコンピューター化された横編機の適用により、織物の生産効率が大幅に向上しましたが、一定期間使用すると、針溝にほこりがたまり、編地の品質が低下します。

そのため、使用過程での清掃・メンテナンス作業は欠かすことができません。車を掃除するときは、次の点に注意する必要があります。


1.上部プラグアイロンを引っ張るときに針舌を損傷しないように、すべての編み針を編み領域に押し込みます。

2.機器から取り出したすべての部品は、元の順序で配置する必要があり、後で取り付けるのがより便利になるように、台無しにすることはできません。

3. 針床にサビ跡がある場合は、ヤスリ等ですべり処理を行っても構いませんが、針床格子状の歯口の位置を拭くことはできず、歯口の平面度が損なわれます。

4. 前面の損傷による押し針の適用への影響を避けるため、やすりでこするときは、プラグ コテの前面に触れないでください。

5.針溝の清潔さを確保する必要があります。そうしないと、繊維の加工効果に影響します。したがって、針床の損傷を避けるために、定期的に正しい方法で針溝を掃除する必要があります。